MENU

ロゲインの使用で起こる副作用のかゆみが起こるメカニズムとは?

ロゲインの使用で起こる副作用のかゆみが起こるメカニズムとは?

 

ミノキシジルを含む育毛剤ロゲイン。日本では正規で発売されておらず、海外から輸入して購入する事が可能な育毛剤。ミノキシジルを含む育毛剤の走りでもあり、効果も十分に期待できるのですが副作用が起こる可能性もあります。

 

ロゲインの副作用

ロゲインの副作用として、特にあげられるのはかゆみ、多毛症、かぶれ、頭痛、低血圧等があります。これらのほとんどはロゲインの副作用というよりはロゲインに含まれるミノキシジルの副作用と言えます。

 

かゆみのメカニズム

ロゲインにはミノキシジルが含まれていますが、このミノキシジルがかゆみを引き起こします。ミノキシジルはもともと高血圧用の薬として使用されてきたのですが、その副作用として男性型脱毛症の改善が見られた為、育毛剤に使用されるようになりました。このミノキシジルには高血圧を改善させる為の作用として、血管を拡張させる働きがあります。この血管拡張作用が微妙な刺激となりかゆみの原因となってしまうのです。

 

 

血管拡張作用以外での要因

ミノキシジルの血管拡張作用以外でのかゆみの要因はミノキシジルが肌に合わずかぶれが起きてしまっている、あるいは、ミノキシジル以外の成分と肌が合わず一種のアレルギー反応を起こす可能性が考えられます。

 

 

ミノキシジル以外の育毛剤

ミノキシジルは外用として用いる育毛剤の中で最も効果的とされる育毛成分です。しかし、その反面、かゆみやそれ以外の副作用も心配する必要があります。そこで、ミノキシジルの副作用が心配な人にミノキシジル以外の育毛成分で副作用の心配もなく、ミノキシジル並みの育毛効果が期待できる育毛成分を含んだ育毛剤の使用をおすすめします。それが、ウーマシャンプーです。フィンジアはキャピキシル・ピディオキシジルというミノキシジル並みの育毛効果が期待でき、さらにミノキシジルの様な副作用の心配がない事で今育毛業界で話題の新成分です。これらの新生部を最も高濃度で配合された育毛フィンジアあはおすすめです。